未分類

恋している時に見たい、最高なロマンティックシーンのある映画6選

更新日:

恋愛している時、恋愛したくてウズウズしてる時、最高なロマンティックシーンのある映画が見たくありませんか?最近のもの、昔のもの、洋画・邦画と世の中には全て見切れないほどの映画で溢れています。どの映画を見ればいいのか選ぶだけでも楽しいですし時間も潰せますよね。この記事では、そんな時にあなたにオススメできるロマンス溢れるシーンのある映画を様々なジャンルからピックアップしました。

最高なロマンティックシーン①:わんわん物語

gettyimages (6196)

わんわん物語(Lady and the Tramp)は1956年に日本で公開されたディズニー映画です。今見ても、とても60年以上前に上映されたとは思えないほどの美しいアニメーションです。
ストーリーは優しい飼い主に飼われ大切に育てられているお嬢様犬のレディと生粋の野良犬のトランプの恋の物語です。
その中でも有名なのが、この2匹がイタリアンレストランで食事をとるシーンです。まだぎこちなく初々しい2匹が一皿のミートボールスパゲティーを食べ、少し視線を逸らした時に無意識にキスしてしまうシーン。アニメでもあり、ましてはわんちゃん同士のキスシーンにもかかわらず、イギリスのTotal Film誌が発表した「映画史に残る最高のキスシーン50」の8位に選ばれました。

ベラ・ノッテ (わんわん物語)

最高なロマンティックシーン②:Love Actually

Love Actually(ラブアクチュアリー)は日本では2004年に公開、クリスマスの出来事を描いたロマンティックコメディ映画です。映画内では9つのラブストーリーが描かれており、登場人物たちの関係性が話が進むごとに分かっていく面白い流れの映画です。クリスマスシーズンに毎年見るファンもいるほど人気です。
ストーリーの一つの中に、親友の妻を好きになってしまう男性の話があります。その中で彼がクリスマスだからこそ、彼女に想いを伝えるシーンです。クリスマスキャロルが来ていると偽って、旦那さんに音が聞こえないように紙に想いを描いて伝えるシーンは報われないと思っていてもキュンとしてしまう名シーンです。
その中の一文”To me you are perfect”なんて言われてみたいですよね。告白が終わり去っていく彼の”Enough, enough now(十分、今はこれで十分)”というセリフも切なくなります。

ラブ・アクチュアリー

最高なロマンティックシーン③:スパイダーマン

Spider-Man(スパイダーマン)は2002年に公開されたアメリカン・コミック原作のヒーロー映画。バットマンに並び日本でも誰もが知っているアメリカ発のスーパーヒーロー、スパイダーマンの実写化映画です。
一見、アメコミ映画で男性向け?と思われてしまうかもしれませんが、主人公のピーターが片思い中のMJと交わす「逆さキス」は強烈なインパクトを残しました。スーパーヒーローなんて人生で出会い、恋に落ちることなんてないかもしれませんが、スパイダーマンと逆さキス、ちょっと憧れませんか?

最高なロマンティックシーン④:娚(おとこ)の一生

娚(おとこ)の一生は2015年に上映された榮倉奈々と豊川悦司ダブル主演、漫画原作の恋愛映画です。恋愛に辛い思い出があり、東京でバリバリ働いていた彼女が、休暇中に祖母の田舎で過ごすことに。その後祖母の死をきっかけに、働き方を変えそのままそこに住むことを決めた後、祖母のお元教え子という男と同棲することになるという話です。
この映画のとっておきのシーンは、映画が公開された頃から話題となっていた「足キスシーン」です。現実にこの体験をする可能性があるかは分かりませんが、足にキスというアブノーマルさが見ているこっちもドキドキしてしまうこと間違えなしです。すごく年上の男性との恋愛ということ以外は、実は結構ピュアな映画で美男美女の恋愛映画としても見ることをオススメします。

映画『娚の一生』予告編

最高なロマンティックシーン⑤:ダーク・シャドウ

Dark Shadows(ダーク・シャドウ)は2012年公開のジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督のスーパーナチュラルドラマ映画です。
主演のジョニー・デップがバンパイヤ役で、恋愛映画というわけではないのですが…。この映画でのジョニーが演じるバンパイアと、2世紀に渡って彼を愛するエヴァ・グリーンの演じる悪い魔女のアンジェリーク・ブシャールのラブシーンがとにかく激しくて見ものです。誘惑する魔女とそれに抗うバンパイアのシーンで彼らは敵同士?と思っていたのですが突然始まるシーンに「いったい何が起こっているの?」と思うこと間違えなしの、まさに激しいラブシーンです。

映画『ダーク・シャドウ』予告編

最高なロマンティックシーン⑥:ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人(Notting Hill)は1999年に公開されたイギリス映画。ロンドン西部で本屋さんを営むウィリアムと、ハリウッドスター女優のアナの格差恋愛の話。今だに人気のある大堂の恋愛映画です。
お互いの思いを打ち明けるシーンでは、身分の差を気にするウィリアムに対してのアナの「I'm also just a girl standing in front of a boy asking him to love her.」というセリフが有名です。2人の間にどんな違いがあっても彼の前ではただ自分を愛してほしい女の子と誰もが頷けるシーン。

Notting Hill Official Trailer #1 - (1999) HD

まとめ

以上、恋している時に見たい、最高なロマンティックシーンのある映画6選をご紹介いたしました。
映画こそ、星の数ほどと言っていいほど膨大な作品数があります。理想のロマンスを求めて空き時間に「こんなことしてみたい!」と思えるシーンを探してみてはいかがでしょうか。
gettyimages (6197)

-未分類
-,

Copyright© Emoot , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.