彼氏が留年して悩む人は少なくない

彼氏が留年してしまった、とわかったときのあなたのダメージはとても大きいはず。

留年してしまった彼がショックを受けているのはもちろんですが、つきあっているあなたも同じですね。

もしかしたら、本人よりも大きなショックを受けたかもしれません。

彼氏が留年したということは、勉強のための時間を多く確保しなければならないということ。

今までと同じような楽しい時間を過ごしていると、彼の勉強の邪魔をしてしまうことになってしまいます。

「彼氏を支えていくべきなのか」「勉強に集中してもらうために、二人の関係に一旦区切りをつけた方が良いのか」と真剣に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

彼氏が留年するとどのようなことが二人に起こるのか、これから紹介していきます。

もしかしたら、二人の関係を続けていくのは難しいと感じる人もいるかもしれません。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事①勉強優先で二人の時間が減る

彼氏が留年してしまった原因は色々あるかもしれませんが、来年は必ず単位を取れるように、必死に勉強する必要があります。

金銭面が原因の場合は、勉強と仕事を両立するためにますますハードな日々になり、自由な時間が一気に減ることを覚悟しなければなりません。

今までは二人で映画を見たり、お茶をしたり、旅行に行ったりと幸せな時間を過ごしていたとしても、留年してしまった以上「来年は留年しないように必死に勉強をする」ということが、彼にとっては一番大切なこととなります。

「留年したけど、今まで通りいこう」と彼は言ってくるかもしれませんが、今までと同じような生活をしていると、再び留年してしまうことにもなりかねません。

例え彼がそういう気持ちだったとしても、今までと同じようにデートをしたり、食事に誘うことは控えた方が賢明です。

あなたが誘うことで彼は喜ぶかもしれませんが、楽しいことばかり目がいってしまうと、彼には危機感が生まれず、「留年」を二度繰り返してしまう恐れもあります。

就職では留年はマイナス要素とされていますが、2留はよほどの理由がない限り「やるべきときに努力できない人」というレッテルを貼られてしまいますので、留年を2回することだけは絶対に避けなければならないのです。

あなたは時間があって、楽しい時間を過ごしたいと思っていたとしても、留年した彼にとっては、二人で過ごす時間が長くなるほどマイナスになってしまいます。

会う時間が少なくなるのは悲しいですが、留年した彼氏にとっては、「単位を取るために二人の時間を減らさなければならない」ということを肝に銘じておきましょう。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事②彼の両親からの視線が冷たくなる

彼氏が留年したことで、彼氏の両親も大きなショックを受けているとは簡単に想像できますね。

「学校で何をしていたのか」「きちんと授業に出ていたのか」「彼女と遊びほうけていたのではないか」とかなりきつく叱られることでしょう。

もともと優しく、自主性を重んじてくれるタイプの両親であったとしても、留年となれば話は別。本人に任せていた分、怒りは大きいかもしれません。

ここで問題なのは、「彼女のせいではないか」と誤解されてしまうこと。

両親は留年した原因を何かに求めがちになり「彼女がいるせいで、勉強へのやる気をなくした」「二人で会ってばかりいたから、勉強時間が少なくなった」「彼女がいるとだめになる」など、彼の両親からいわれのない批判を浴びてしまう可能性があります。

もし両親と面識があり、今までは仲良く接してきたとしても、彼氏の留年をきっかけに、親の態度がガラリと変わることがあります。

彼氏が実家住まいの場合は、デートが親にバレないようにしなければならず、かなりの環境の変化を覚悟する必要があるでしょう。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事③彼の金銭的余裕がなくなる

留年をするということは、一年分の授業料が余分にかかるということです。彼や彼の両親にとっては、100万単位で金銭的負担が増えることになります。

彼の実家がお金持ちで、さっと授業料を出せるのであれば良いですが、彼の実家が普通の家庭であれば、大きな負担となることは間違いありません。

彼も両親に対して申し訳ないという気持ちもあるでしょうから、アルバイトをしたお金の大半を、学費として親に渡す場合も考えられます。

今までは気前よくおごってくれたり、ちょっと高い食事を二人で楽しんでいた場合でも、「お金がないから、出してもらっていいかな」ということも増えてくるかもしれません。

あなたがデートで遊園地に行きたいときも、「お金がかかるから」という理由で、行けない場合もあるでしょう。

「留年中は私が出すけど、就職したらおごってね」と言いながら、あなたが出してあげることも多くなるかもしれませんが、一度や二度ではなく、ずっとそれが続くと、「どうして私ばかり」と不満がたまり、疲れてしまうかもしれません。

彼氏が留年したら、このように金銭的な問題が出てくる可能性もあるので、覚悟をしておきましょう。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事④周りからの同情の目

彼が留年したことで、「大変だね」「どうして留年しちゃったの」「留年はきついよね」などと、周りの友達からも同情の目で見られてしまうかもしれません。

友人は心配して言ってくれている場合でも、あちこちから何度も言われると、わずらわしくなるものです。

カップルが楽しく過ごしているのを見て、悲しい気持ちになることもあるでしょう。

色々言われることでストレスもたまりますが、「留年」とはやはり特別なもの。

普段遊んでばかりいると言われているような人でも、抑えるべきところはきちんとおさえ、留年はしないように気を付けているものです。

「留年をする」ということ自体がかなり珍しく、友人が心配したり、色々聞いてくるのも仕方がないと割り切りましょう。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事⑤自分の両親から交際を反対

彼氏が留年すると、今まで応援してくれていたあなたの両親の態度も変わるかもしれません。

最初は「彼氏は大丈夫なの?」と言ってくれるかもしれませんが、時間が経つにつれて「よくよく考えてみたのだけれど、留年するような人は将来性がないのでは?」と親から心配されるかもしれません。

あなたを心配すればするほど、彼に対して批判的になる可能性もあります。

親から反対されるおつきあいは、じわじわとストレスがたまるものです。

両親に彼のことを一切言っていないのであればまだ良いのですが、彼を実際に両親に合わせていたり、彼氏がいることを伝えている場合は、日常会話の中で彼のことが出ることも多いでしょう。

「留年した」ということを隠し通すのもストレスがたまりますし、正直に言うと「大丈夫か」と心配されます。

両親が彼のことを知っているのであれば、「彼の留年」は家の中でもストレスが増えるきっかけになるかもしれません。

彼氏の留年で覚悟しなければならない事⑥彼氏の将来性が低下する

社会に出ると、「留年する人は、最低限のやるべきことをしっかりとできない人」と判断されることも多く、留年したことで、彼の将来性は危うくなったと言えるかもしれません。

留年しなければ大手企業に就職できたのに、留年してしまったせいで、大企業の就職試験に落ちてしまうこともあるでしょう。

留年した理由について「1年世界を回っていて、このような成果があった」「数か月企業のインターンに参加していた」など、きちんとした理由があれば良いですが「出席日数不足」「学力不足で単位を取れなかった」ということであれば、希望企業への就職は、留年前に比べるとかなり厳しくなったといえます。

将来結婚を考えているのであれば、「ちゃんとした会社に就職できるか」「お金を稼いでくれるか」ということは大切で、避けては通れないものです。

あなたが留年をきっかけに、彼氏の将来性に疑問を感じたとしても、それは普通の感覚ですよ。

彼氏の留年で別れるべき?彼のためにも別々の道を歩む人が多い

彼氏の留年をきっかけに「別れるべきか」「今まで通りつきあっていくか」で悩む人は多く、留年をきっかけに二人の関係を考え直すカップルも増えています。

あなたが「彼氏と別れようかな」と思っても、誰もあなたを責める人はいないでしょう。

今まで説明してきたように、留年はあなたの原因ではないのに、あなたに対する風当たりが強くなったり、ストレスが増えることは明らかです。

あなたにとっては「楽しい思い出をたくさん作りたい」貴重な一年でも、彼と一緒にいるだけで、あなたもたくさん我慢しなければならなくなります。

しかし、あなたにとっても学生時代は貴重で、大切な時間です。

我慢ばかりが増えてしまうとなれば、「留年した彼氏との関係」に対して、不安を覚えたとしても当然です。

彼氏が留年したときに「彼と別れずに支える」という選択肢もありますが、「留年をきっかけに、他の人を見てみる」という選択をする人も多くいます。

あなたにとっても学生時代は貴重な時間ですから、「付き合うことが相手の負担にならないような恋人関係」を探してみるのも一つの方法と言えるでしょう。

別れてもすぐに次の彼を見つけられる?!マッチングアプリがおすすめ

そんなにすぐに出会いがない、と心配するあなたには、マッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリは、オンライン上で気軽に男性と知り合えることが魅力で、「趣味や価値観が同じで、会話がはずむような相手」をアプリが選んでくれるので、良い出会いがあるということで利用者が急増しています。

以前は合コンや友達の紹介でカップルになる人が多かったのですが、最近では「マッチングアプリ」がスタンダードな出会いの場となってきているのです。

もちろん、あなたの気分が乗らなければ、会話を始める必要はありません。

女性主導で進めることができるのも、マッチングアプリの良いところ。

「話してみても良いかな・・・」と感じるような相手が現れたら、会話をスタートすればOKです。

彼氏が留年したから新しい出会いを探したいけれど、学校で新しい彼を探すのは気がひける・・・という人も多いでしょう。

しかし、このようなマッチングアプリを利用すれば、別れた彼に知られることなく、新しい出会いを探すことができるのでおすすめです。

マッチングアプリpairsは、1000万人が利用しており、毎月7000人のカップルが誕生している、実績と信頼性があるアプリです。

このpairsは婚活ではなく「恋活」がメインなので、「結婚は考えていないけれど、一緒にいて楽しい恋人が欲しい」という人は、一度pairsに登録してみても良いですね。

まとめ

彼氏が留年したら、彼女であるあなたの悩みはかなり増えてしまうことでしょう。

今までと変わらず彼氏と付き合う場合は、相当な覚悟が必要です。

留年した彼氏にとっては、勉強してしっかりと単位をとることが大切になりますので、一旦関係を終わらせることが彼にとっては良い場合もあります。

彼氏が留年したら、彼の将来のことも考えながら、二人の関係についてよく考えてみると良いでしょう。
真面目な恋愛をするならpairsもおすすめ

pairs 累計登録者数700万人以上というユーザ数が圧倒的に多い有名マッチングアプリです。


pairs の魅力は出会い系の悪い印象を全く感じさせないとてもクリーンなサービスである点です。


pairs ではこれまで、少なくとも12万人以上のカップルが誕生しており、真面目なお付き合いも検討しているかたにはとてもおすすめできるアプリです。


女性は完全無料・男性も基本機能は無料で使えるため、気軽に始められる点も魅力の一つです。



    pairs の特徴
  1. 累計登録者700万人以上の圧倒的会員数
  2. 真面目なお付き合いを求めている人が多い
  3. 女性は無料・男性も無料から始められる



関連する記事

関連するキーワード

著者