女性向け

直接別れを言うのは気が引ける?LINEで別れ話をする時の心構えと注意点5つ

投稿日:

最近のカップルにはよくあるLINEで別れを告げることがあります。その時にどんなことを注意すればいいのか、またはどんな心構えをしておくといいのかを5つにまとめましたので、もしLINEで別れることを検討しているのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもLINEで別れ話するのってありなの?

gettyimages (11827)

LINEで告白をし、LINEで別れるというのは、珍しくありません。
とくに10代や20代前半の若い人達の間では、それが当たり前になっていると考えても、過言ではないのです。 どうして直接別れ話を言えないのか、理由を聞いてみました。 ・めんどくさいから(10代:女性)
・直接会ったら情に流されそうだから(20代:女性)
・そもそも遠距離恋愛であまり会えないから(20代:女性)
このような理由がありました。
確かに直接会って別れ話をするのは、もめますし面倒くさいと感じることはあります。自分が情に流されやすいと自覚しているなら、その選択もありなのかもしれません。
そもそも遠距離恋愛中だったのなら、コミュニケーションとしてLINE頼りになってしまうのも理解できます。 では、LINEで別れ話をする際に、どんな心構えと注意すべきことがあるのか、一緒にみていきましょう。

心構え①:相手に誤解をさせる恐れがある

gettyimages (11828)

1つ目の心構えは「相手に誤解をさせる恐れがある」ことです。
LINEというのが文章ですよね。文面だけで、あなたの気持ちを100%そのまま受け取ることは難しいです。
友達や家族と話していても、実際に話している人の気持ちは、100%理解はできませんよね。でも、色々と察してあげたり、少しくらいは理解できる部分があります。 ですが、文面だけだと、少しの理解もできずに曲がった解釈をされてしまうこともあります。あなたはそうは思ってなくても、受け取り手からすれば「ふざけんなよ!」と怒らせてしまうことがあり、更に別れ話がこじれることもあります。 会って別れ話をしないというだけでも、誠意がない行動でもあるので、心誠意の気持ちを込めて相手への気遣いを忘れないことも、LINEで別れる時のポイントなのです。

心構え②:ブロックされて二度と連絡が取れないことがある

gettyimages (11829)

2つ目の心構えは「ブロックされて二度と連絡がとれないことがある」
別れても友達に戻るというケースがありますが、LINEで別れ話をするのであれば、そのパターンもほぼ不可能になります。
完全に縁を断ち切られてしまうことが多いので、あなたが「やっぱりよりを戻したい」「ちょっと相談にのってほしいな」と思っていても、ブロックされていることが多いでしょう。 そもそも、その考え方自体が甘いのです。
LINEで別れ話をするということは、どんな事情があるにせよ誠意がないと判断されてしまいます。そんな人から気軽に連絡がくることを、いい気分に思う人は少ないです。 大抵が「じゃあもういいよ」とブロックやLINEを新規作成することがあるので、もし別れても友達関係に戻りたいということを考えているのであれば、LINEで別れ話をするのは止めておきましょう。難しい状況であれば、せめて電話で別れを告げるといいでしょう。

注意点①:話しの流れを無視して急に別れ話を送らないこと

gettyimages (11830)

1つ目の注意点は「話しの流れを無視して急に別れ話を送らないこと」です。
あなたの中では気持ちの整理がついて「今日こそ言うぞ!」と意気込んでいるかもしれませんが、相手からすれば整理できる時間もないまま急に「別れてください」と言われても混乱します。 今まで普通に楽しく会話してたと思った矢先に、急に別れ話を送るのはやめましょう。
前段階を作っておく、前から別れたい雰囲気を出しておくと「もしかして」と少し覚悟したり、相手から「別れたいの?」と聞いてくることがあります。 自分の都合で相手と別れるわけですから、別れる時くらいしっかり相手の気持ちを汲み取ってあげることが、最後の優しさです。伝えることはしっかり伝えなければいけませんが、独りよがりなことはやめましょう。

注意点②:絵文字やスタンプなどの使用は避ける

2つ目の注意点は「絵文字やスタンプなどの使用は避ける」ことです。
真剣に別れ話をしている最中に、陽気なスタンプや「ごめんねm(_ _)m」というような顔文字、絵文字を使うと「冗談かな?」と真剣に受け止めてくれなくなります。 もしくは、相手を怒らせてしまう可能性もおおいにあります。
真剣な話しで空気が重くなることが苦手で、それを紛らわせようとスタンプなどを使う気持ちも分からなくはありません。ですが、そうしてしまうと「ビビった~、冗談かよ(笑)」と言われるか「お前ふざけんなよ。ついていい冗談と悪い冗談があるだろ」という展開になります。 シリアスな空気が苦手で、和ませようとする気持ちをグッとおさえつつ、文章のみで丁寧な文面を心がけましょう。

注意点③:相手の言い分に既読スルーや未読スルーをしない

gettyimages (11831)

3つ目の注意点は「相手の言い分に既読スルーや未読スルーをしない」ことです。
直接会って別れ話をしなくても、LINE内でゴタつくことはあります。その時に「もう面倒くさい」と投げ出して、相手の言い分にたいして返事をしないのはやめましょう。 自分は伝えるだけ伝えてスッキリしたかもしれませんが、言われた方だって「ちょっと待ってよ」と言い分があります。それをしっかり受け止められないのなら、そもそも恋人を作ることを諦めた方がいいでしょう。 人付き合いとは面倒くさいことの連続です。とくに別れるとなればすんなりいく可能性は殆どないでしょう。
相手の言い分もしっかり聞いて、しっかり返事し、お互い納得のいくまでLINEのやり取りをして別れるのがベストです。

細心の注意を払うことがポイント

LINEで別れ話をするのは、実際に会って別れ話をするよりも、細心の注意を払わなければいけません。
そうしなければ変な誤解を招いたり、冗談に受け止められてしまうからです。 それをふまえてしっかりお別れができたのなら、暫く恋愛を休むか次へ進むかということになります。
もし「次の彼氏をみつけるぞー!」となっているのなら、Pairsのマッチングアプリがおすすめです。
ここでは、真剣に恋愛をしたい男女が約1.000万人登録しており、毎月7.000組のカップルを誕生させている実績を持っています。アプリ内でメッセージのやり取りができるのも安心できるポイントです。 あなたが「いいな」と思った男性とのみ、アプリ内で連絡がとりあえるので、無理に気の合わない男性と連絡をする必要性はありません。もし、しつこかったり嫌がらせをしてくるのなら、24時間体制でサポートをしているので、連絡するといいでしょう。

まとめ

カップルの終わり方にも様々なパターンがあります。
最近のカップルではLINEで別れることがありますが、その時に「じゃあね」と連絡する手段を容易く切ってしまえるのも、少し厄介ですよね。 できることなら、しっかりと会って別れ話をすることをおすすめしますが、事情によってできない場合は細心の注意を払いつつ伝えていきましょう。文字を打っているものは機械ですが、その機械の向こう側にはあなたと同じ「人間の心」があることを忘れないでください。
]]>

-女性向け
-, , , , ,

Copyright© Emoot , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.