そもそも因果応報ってどういう事?

因果応報の意味は「原因」「結果」という事になります。何か起きてトラブルになれば『原因』があり、その原因が元になりトラブルを引き起こした『結果』になりますよね。この事を【因果応報】といいます。

因果応報は別に悪い事だけに使われるわけではなく、良い行いをして(原因)お礼に何か頂いた(結果)も因果応報と使われるのです。ですが、今回は恋愛において悪い意味で因果応報になってしまった実話を4つ程ご紹介していきます。

実話①:元カノから奪った好きな人

当時好きな人がいたN子さんのお話になりますが、その人には彼女がいました。それでも諦めきれずに積極的にアプローチをし、体の関係を持つ事に成功したN子さん。ですが、いつまで経っても彼女と別れる気配がなく問いただしてみると『君は2番目なんだよ』とハッキリ言われてしまいました。

彼と彼女は婚約関係にあったのを聞いたN子さん。どうしても彼の1番になりたいN子さんは、体を関係を持つ際に、避妊具に穴を開けて子供を宿すことに成功し、彼が逃げないようにしました。結果として彼は彼女と婚約を破棄し、N子さんと結婚をしました。

N子さんは無事出産し、友達がお見舞いにきた際に、避妊具に穴を開けた事をふざけながら話していました。その話を聞いてしまった彼は、N子さんの元を離れていきました。

好きな人を手に入れたいがあまり必死になってしまった結果が、あまりにも哀れで当然のような気がしますね。子供が無事育ってくれる事を願います。

実話②:会社での出来事

とある会社に努めていたK子さんは、やり手のキャリアウーマンでした。恋をする暇なんて全くなかったK子さんですが、とある日移動で配属された1人の男性に心を奪われました。

とても素敵な男性で、他の女性社員からも人気でしたが、プロジェクトが一緒のため、K子さんは他の女性よりも男性と接する機会が多く、日に日に惹かれていきました。

その男性は自分のものと錯覚を起こしたK子さんは、他の女性社員が男性に言い寄る事を断じて許しはせず、男性と少し話しただけで自分の権限を使ったり、悪い噂を広めて排除するようになりました。

不思議に思った男性は、他の人から『実はK子さんが…』という話を耳にし、K子さんに事実確認をしました。K子さんは自分の行いと好意を持っている事を伝えましたが、男性からは断られ、プロジェクトからも下ろされ、その会社をクビになってしまいました。

久々の恋にブレーキのかけ方が分からず、やってはいけない事をやってしまった結果ですね。悪い意味で盲目なってしまったK子さん、今後同じ事がないのを願います。

実話③:親友だと思っていた

高校生だったA子さん、当時好きだった人と無事にお付き合いをし、周りからも祝福されて大人になってもその男性と仲のいい関係でいました。ですがその男性というのは、親友が好きだった相手なのです。

親友が『あの人の事が好き、あの人のこんなところが好き』とA子さんに話しているうちに、A子さんは好きではないが、奪いたくなりました。A子さんは自分から告白したのではなく、告白されるようにアプローチをしていたら、案の定『付き合ってください』と言われて、それを親友にも『どうしよう』と相談をしたりしました。

親友は『仕方ないよね、A子ちゃんも彼の事好きなら応えてあげた方がいいと思う』と後押しをしてくれたのです。その時A子さんは少しズキっと心が痛みましたが、付き合う事を選択しました。

そしとある日A子さんが男性に猛アプローチしていた事、好きじゃないのに奪いたくなっていた事がバレてしまい、恋人も親友も同時に失い、結果として元彼と元親友が結婚するまでになりました。

本気で好きになったわけではなく、人が欲しがっているいるのを横取りするのはいけない事ですよね。素直に親友の恋を応援出来なかった結果、2人失ってしまったわけですね。

実話④:産まれてきた子供

Y子さん、主婦の実話です。Y子さんの旦那さんが出張になり、その間にY子さんはちょっとだけ夜遊びをしました。その時出会ったのが、なんと外国人でした。一夜共に過ごしたっきり連絡を取る事はなかったのですが、なんとY子さんのお腹には1つの命が宿っていました。

タイミングをみても、旦那さんより外国人の可能性が極めて高かったのですが、旦那さんは自分の子が出来たと喜び、親戚からも『おめでとう!』と祝福され、どんどんお腹は大きくなりました。出産になり、子供と対面した時、子供は黒髪に黒い瞳、顔立ちも日本人そのもので、Y子さんは『旦那との子供だったんだ!よかった!』と心から思いました。

その子供が大きくなり、結婚をし、20代前半の時に身篭りました。Y子さんからすれば嬉しい初孫です。そして赤ちゃんを見た誰もが驚きました。その赤ちゃんの髪は赤毛で、瞳もブルー、肌も白かったのです。

どう見ても日本人ではない子が産まれた事で、出産をした母親、つまりはY子さんの子供が不倫をしていたのではないかという話になったのですが、断じて不倫などしていません。そこでY子さんは自分の事を白状し、実の娘とも旦那とも、初孫とも疎遠になってしまったのです。

実話:まとめ

自分でまいた種は自分に返ってくる。それは良い事も悪い事も同じなのです。人を騙して自分の都合のいいようにしてしまう事は避けましょう。必ず嘘はバレて貴女自身に返ってきますよ。

上記の実話みたいな事にならないよう、人生気をつけていきましょう!
真面目な恋愛をするならpairsもおすすめ

pairs 累計登録者数700万人以上というユーザ数が圧倒的に多い有名マッチングアプリです。


pairs の魅力は出会い系の悪い印象を全く感じさせないとてもクリーンなサービスである点です。


pairs ではこれまで、少なくとも12万人以上のカップルが誕生しており、真面目なお付き合いも検討しているかたにはとてもおすすめできるアプリです。


女性は完全無料・男性も基本機能は無料で使えるため、気軽に始められる点も魅力の一つです。



    pairs の特徴
  1. 累計登録者700万人以上の圧倒的会員数
  2. 真面目なお付き合いを求めている人が多い
  3. 女性は無料・男性も無料から始められる



関連する記事

関連するキーワード

著者