復縁から結婚することは本当に可能なの?

一度別れて復縁し、そのまま結婚をするなんてことは実際にあるのでしょうか?
別れ方にもよりますが、あるにはあります。
芸能人でも復縁からゴールをした人たちがいるのであげていきます。

・アイドルの井ノ原快彦さん・女優の瀬戸朝香さん
・お笑い芸人の田村淳さん・元モデルの香那さん


このように、実際に復縁から結婚をした人がいるのです。
では、具体的にどうしたら復縁から結婚まで持っていけたのか、経験者に聞いてみましょう。

具体的な方法①:復縁できたからといって結婚確定じゃない

1つ目の具体的な方法は「復縁できたからといって結婚確定じゃない」ということです。
これは、K子さん(30歳)のお話なのですが、今の旦那さんと復縁したからといって「結婚をするんだ!」と意気込んだわけではなく、お互いがしっかり悪いとこを注意し合って直していくことを心がけたら、自然と「この人と結婚したいな」と思うようになったそうです。

別れて初めて相手がどれほど大事だったのかを再確認し、色々な異性と出会ってきてもしっくりこなくて、旦那さんの方からK子さんに復縁を迫りました。

その時K子さんも旦那さんも28歳で、結婚適齢期だったのですが「お互い結婚をそこまで意識せず、支え合えるかどうか判断してから、結婚へ踏み込もう」と決めたらしいです。

具体的な方法②:今まで以上に相手に感謝する心を忘れない

2つ目の具体的な方法は「今まで以上に相手に感謝する心を忘れない」ことです。
これは、Yさん(25歳男性)のお話なのですが「復縁をしたのは当たり前ではない」とのことです。
確かに、一度関係が終わった相手と再び恋人関係になれるのは当たり前ではありませんよね。お互いがお互いを想っていなければ復縁することはできなかったわけです。

復縁をするにあたり、今まで以上に感謝や愛情を言葉や行動で伝えることを心がけたYさん。
今まではあまり感謝や愛情を表に出すことを恥ずかしいと感じており、奥さんに伝えてこなかったそうです。それがきっかけにもなり、奥さんの方から「何を考えてるのか分からない」と別れを切り出されました。

Yさんは恥ずかしいと思っていた自分が恥ずかしくなり、もう一度チャンスをもらえないか奥さんにお願いをし、しっかりと自分の気持ちを奥さんに伝えることによって、2人は結婚までたどり着いたそうです。パートナーがいること、してくれることは決して当たり前ではないのです。

具体的な方法③:相手に依存し過ぎてはいけない

3つ目の具体的な方法は「相手に依存し過ぎてはいけない」ことです。
これは、U子さん(33歳)のお話なのですが、今までは付き合ってきた男性に依存してしまう癖があったようです。そのせいで「束縛が激しすぎて嫌だ」「自分の意見を言わないから人形と付き合ってるみたいで嫌だ」などの理由で、今の旦那さんとも一度別れたそうです。

実際U子さんは恋人に依存し過ぎて行動を縛り過ぎてしまったり、自分の意見がなくて彼氏が言うことが全て正しいという思考をしていたそうです。ですが、今まで付き合ってきた男性の中でも1番魅力的な人を失った時「変わらなきゃ」と思い、依存し過ぎることを止めたそうです。

「自分のために何かを始めてみる」「人をちゃんと信じる」「自分の思ったことをしっかり言う」ことをコツコツやり始めた時に偶然街中で旦那さんと再会し、ご飯を食べに行った時「こんなにいい女だったか?」と旦那さんの方からアプローチをしたそうです。

依存し過ぎず相手を信じることをやり遂げたら、U子さんより旦那さんの方がメロメロになったそうですよ。

具体的な方法④:2人でしっかり貯金をしていく

4つ目の具体的な方法は「2人でしっかり貯金をしていく」ことです。
これはHさん(26歳男性)の話ですが、今の奥さんと結婚を前提に復縁した時「2人でしっかり貯金をしよう」と決めたそうです。
結婚に向けてしっかり歩んでいくにあたり、お金というのは絶対的に必要になってきます。

そこをなぁなぁにしてしまうと「今度でいっか」「別にいっか」とズルズルと関係を引き伸ばしにし、また別れる可能性があると考えたからです。その考えに奥さんも同意し、2人でしっかり未来のために貯金をすることで、結婚が現実味を帯びていったそうですよ。

具体的な方法⑤:過去の事をほじくり返さない

5つ目の具体的な方法は「過去のことをほじくり返さない」ことです。
これはN子さん(23歳)のお話なのですが、復縁をして喧嘩をすると「やっぱりあなたはこうじゃない!だから別れたんだよ!」「お前だって!」ということによくなったそうです。

そうすると「やっぱり復縁したのは間違いだった」と嫌な気持ちになったそうですが、どうして復縁したのか考えた時に「それでも本当にこの人のことが好きなんだ、また手放すの?」と自問自答したそうです。

その時に「この人はそういう人、それも受け止めていこう、だからもう昔のことは言わない」と思い、その思いを旦那さんに伝えたところ「俺もそうする」と言ってくれました。そうすると、自然と喧嘩は減っていきお互い受け入れることで結婚の決意ができたそうです。

気をつけていけば復縁から結婚する可能性は高くなる

復縁をしたことに慢心せず、しっかりお互いを受け入れて支え合うことで結婚する可能性は高くなります。
それでも「やっぱりこの人は無理!」となれば、それは結婚するべき相手ではないということです。

もっと真剣に結婚相手を探したいと思ったらPairsのマッチングアプリがおすすめです。
ここでは、真剣に恋愛をしたい男女が約1.000万人登録しており、毎月7.000組のカップルを誕生させている実績を持っています。アプリ内でメッセージのやり取りができるのも安心できるポイントです。

あなたが「いいな」と思った男性とのみ、アプリ内で連絡がとりあえるので、無理に気の合わない男性と連絡をする必要性はありません。もし、しつこかったり嫌がらせをしてくるのなら、24時間体制でサポートをしているので、連絡するといいでしょう。

まとめ

・結婚を意識するのではなく、もう一度2人の信頼関係を築き上げていくことを重点に考える
・そもそも復縁することが当たり前ではない、そのことに感謝をする
・相手も自分も悪いところを直していかなければ結婚は難しい
真面目な恋愛をするならpairsもおすすめ

pairs 累計登録者数700万人以上というユーザ数が圧倒的に多い有名マッチングアプリです。


pairs の魅力は出会い系の悪い印象を全く感じさせないとてもクリーンなサービスである点です。


pairs ではこれまで、少なくとも12万人以上のカップルが誕生しており、真面目なお付き合いも検討しているかたにはとてもおすすめできるアプリです。


女性は完全無料・男性も基本機能は無料で使えるため、気軽に始められる点も魅力の一つです。



    pairs の特徴
  1. 累計登録者700万人以上の圧倒的会員数
  2. 真面目なお付き合いを求めている人が多い
  3. 女性は無料・男性も無料から始められる



関連する記事

関連するキーワード

著者