女性向け

沈黙で恋愛上手になる6つのテクニック

投稿日:

沈黙が続く時間というのはついつい不安になってしまいますが、その沈黙も上手く使えば恋愛の良いエッセンスになります。
沈黙をどう使うと効果的なのか、恋愛においての「沈黙」に注目してみました。
沈黙のテクニックが知りたいという女性は、ぜひ読んでみてください。

沈黙は上手く使えば武器になる

gettyimages (7918)

恋愛に限らず人と交流する上で「沈黙が怖い」と思われている方というのは多いことでしょう。
じつは沈黙というのは悪いことではなく、上手く使っていけば「恋愛の武器」になるんです。

ドラマや映画など視聴するとわかりやすいのですが、演技において大事なのは「間」だとよく言われており、何も言わないという効果を上手く利用しています。
恋愛もある意味演技と同じように沈黙が大事で、恋愛上手な女性ほど無意識に沈黙を利用しています。

今回当記事では沈黙を上手く使いたいという女性のために、沈黙を使った恋愛のテクニック注意点などを紹介していきます。

沈黙で恋愛上手になるテクニック1:ミステリアスな女性はモテる

お喋りな女性の印象というのはいくつかあるのですが、まずは自分のことをよく喋る印象があると思います。
恋愛をすると自分のことをよく知ってもらおうとするあまり、人はお喋りになってしまうのです。
またつまらない女性だと思われたくないという思いから、ついつい口が動いてしまう場合もありますよね。

個人差ももちろんあるのですが、ミステリアスな雰囲気のある女性というのはモテる傾向にあります。
つまり「男性がもっと知りたくなる」という状況を作ることが上手い女性というのは非常にモテます。

自分を知ってもらうということも大事なのですが、ときには沈黙してミステリアスな部分を作ることは恋愛においてとても有効的なんです。

沈黙で恋愛上手になるテクニック2:落ち着いた大人の女性に見える

gettyimages (7922)

お喋りな女性というのは元気で活発な印象を与える一方で子供っぽく見られてしまう恐れもあります。
男性の好みにも左右されるのですが、子供っぽい印象になってしまうと妹的な立ち位置に見られてしまい、最悪の場合男性から恋愛対象として認識してもらうことができなくなってしまう可能性がでてきてしまうんです。

沈黙を上手く利用すると、落ち着いた女性の印象になるため大人びた雰囲気を演出することができます。
とくに30代前後の男女は安定した恋愛を求めている傾向にあるので、落ち着いた大人っぽい雰囲気がすごく大事になってくるんです。

落ち着いた雰囲気を普段印象づけておくことで、ギャップも効果的に見せることができますよ。

沈黙で恋愛上手になるテクニック3:「沈黙」で空気感を変える

これは上記で触れた演技にも通ずるテクニックで、沈黙を上手く利用することで場の空気を変えることができます。

例えば2人で楽しく話しているときに一瞬沈黙することで、一気にロマンチックな空間になったりすることってありますよね。
ドラマや映画などをよく視聴されるという方はとくにわかりやすいと思うのですが、演技でも場の雰囲気を転換させるときによく沈黙する間(ま)を上手に利用しているんです。

気まずいを雰囲気をリセットしたいときにも使えるテクニックで、マイナスな雰囲気を変えたいときは無理に喋るよりも沈黙を上手く使っていきましょう。

沈黙で恋愛上手になるテクニック4:表情を相手に印象づけられる

gettyimages (7927)

まずは自分に置き換えて考えてみてください。
喋っていて相手の男性が突然沈黙した場合、どこを見るでしょうか。
だいたいの人は「相手の顔を見る」と回答すると思います。

人の顔色を伺う…なんて言葉があるように、人の表情にはそのときの感情というものがすごく反映されます。
つまり勝負したいときにあえて沈黙することで、男性に自分の表情をキャッチしてもらい普段よりも印象づけるということができるんです。

人は人の感情に触れることで心を揺さぶられます!
告白するときにも有効なテクニックですよ。

沈黙で恋愛上手になるテクニック5:喧嘩したときなどにも「沈黙」は有効

喧嘩したときついついヒートアップしてしまったなんて経験を持つ女性も多いことでしょう。
なぜ人は喧嘩したときについつい言いすぎてしまったりするのかというと、それは頭に血が昇っていて冷静な判断ができなくなっているからです。

そんな喧嘩をしてしまったときにも沈黙は有効で、お互い干渉をしない時間を少し作ることで冷静になることができます。
自分が悪かったところや相手に直して欲しいところなど、見つめ直す時間を作ることがお互いにできますよね。

カップルが別れるよくある原因の1つが喧嘩ですので、喧嘩を冷静に対処できるカップルというのは長続きしやすいですよ。

沈黙で恋愛上手になるテクニック6:沈黙後の言葉に力を与える

gettyimages (7932)

上記で触れた表情を印象づけるというテクニックにも関係してくるのですが、沈黙というのは次の言動にも注目させてくれる効果があります。
相手がどんな言葉を喋るんだろう?っと男性に思ってもらうことで、より沈黙後の言葉に力を持たせてくれるんです。

これは喧嘩したときや告白したいときなど、幅広い場面で使えるテクニックで恋愛以外の場面でも効果を発揮してくれます。
自分が何を1番相手に伝えたいのか要点をまず考えてから、沈黙を効果的に使っていきましょう。

言葉自体を強くしなくても、相手の印象に残る言葉に変化させることができますよ。

注意とまとめ

恋愛で沈黙を上手に使うテクニックについて紹介をしてきました。

ここで注意することもあります。
それは「沈黙をしすぎてしまう」ということです。

沈黙してしまう場面が多すぎると、相手の男性は自分に興味がないのかなっと誤解してしまう場合があります。

あくまでも沈黙は効果的になる場面を選んで行うことが大事なのです。

これは喧嘩しているときの沈黙も同じで、何日もお互い干渉をしないという選択をしてしまうと自然消滅をしたり別れのきっかけになってしまう恐れがあります。
すこし長期間の沈黙をするときは、あらかじめその期間を明確にお互いが把握しておくことが大事です。

以上の注意点なども考えながら、沈黙する時間を上手く使ってみてくださいね。

読んでいただきありがとうございました。

-女性向け
-, , , , , , , ,

Copyright© Emoot , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.