女性向け

彼氏と喧嘩別れたしちゃった…連絡がないのは本当に嫌われたの?連絡をしない彼氏側の本音5つ

投稿日:

喧嘩別れをしてしまって、連絡がなかなか来ないことってありますよね。そんな時、彼氏側はどう思っているのか知りたくありませんか?今回は、彼氏側の本音を5つ紹介していくので、どんな気持ちで連絡をしてこないのか見ていきましょう。

感情的にならないようにお互いのセーブが大事

gettyimages (11662)

些細なきっかけから、感情的になって思ってもない「別れる」という決断をしてしまうというのは、自分の感情をお互い制御できなかった結果になります。
お互いに怒っていても、感情的にならないよう努力が必要です。 とは言っても、なってしまったものはしょうがないですし、その日のコンディションによってセーブできない、流石に我慢できないというものはあります。
喧嘩別れをして数日後、数週間、数ヶ月経っても連絡がない場合、彼氏側はどう思っているのか知りたくありませんか? あなただけか「言いすぎたな」「またちゃんと謝ってやり直したい」と思っていないか、気になりますよね。
では、喧嘩別れをしてしまった後の彼氏側の本音とはどんなものなのか、一緒に見ていきましょう。

彼氏側の本音①:まだ怒りが収まらない

gettyimages (11663)

1つ目の彼氏側の本音は「まだ怒りが収まらない」ことです。
どんな喧嘩になったかにもよりますが、あなたが言いすぎた場合、彼のプライドをズタズタにしたり「流石にないわ」と思わせてしまったのなら、彼氏の怒りはまだ収まっていません。 この場合はあなたがしっかり反省し、自分から「あの時はごめんなさい」と連絡する方がいいでしょう。
やり直せるかどうかは、彼氏の心境、あなたの反省具合によって決まってくるので、一概に「やり直せます」とは言い切れません。 ですが、そのまま喧嘩別れをしてしまっては、あなたも「あの時言いすぎた」と引きずってしまい、次の恋愛に踏み込めないことがあるので、自分のためにも彼氏のためにも、しっかり謝ることをおすすめします。

彼氏側の本音②:なかなか素直になれない

2つ目の彼氏側の本音は「なかなか素直になれない」ことです。
心の中では、彼氏も「あぁ、やってしまった…」「言いすぎた」と反省し、後悔していることがあります。
ですが、男性には変な「男のプライド」というものがあります。 そのプライドが邪魔してしまい、なかなか素直に「ごめんなさい」とあなたに連絡できずにいるのです。
本当は寂しいですし恋しいのですが、プライドが邪魔をするので「向こうが謝ってくるなら許してやってもいいか」というような態度をしてしまいがちです。 このタイプは、こっそりあなたのSNSをチェックして「新しい彼氏ができちゃったのか」「相手も俺とやり直したいと思っているのか」とチェックしている可能性が高いです。

彼氏側の本音③:どうしていいか分からない

gettyimages (11664)

3つ目の彼氏側の本音は「どうしていいか分からない」でいることです。
喧嘩別れを後悔しているものの「本当に俺は別れたかったのではないか」「本当は別れない方がよかったんじゃないか」と迷っています。 きっかけはどうであれ、別れる選択をしたことは本心だったのでは?と自問自答しています。
また「歩み寄って相手に拒絶されるかもしれない」「もう既に新しい人を見つけているのかもしれない」「やり直せたとして、また同じことを繰り返すだけかもしれない」といった不安が、彼氏の心を支配しています。 そういった感情が動いて、なかなか行動に移せずにいるパターンもあります。

彼氏側の本音④:自分の時間を楽しんでいる

gettyimages (11665)

4つ目の彼氏側の本音は「自分の時間を楽しんでいる」ことです。
喧嘩別れであっても「別れたことに変わりはない!」とスパッと気持ちを切り替えて、自分の時間を楽しんでいるパターンです。 今までは自分の時間が限られており、なかなか趣味の時間や新しいチャレンジができなかった欲求を「今だ!」と言わんばかりに発散しています。
すぐに気持ちが切り替えられていた彼氏なのなら、この可能性はとても高いです。 今までやりたかったことを、あなたと別れたことをきっかけに楽しんでいるので、あなたに連絡するなんて考えはそもそもないと思っていいでしょう。
もしかすると、既にあなたのLINEやメールをブロックしている可能性もあるので、そうなっていたのなら、悲しいですがしっかりと受け止めてください。

彼氏側の本音⑤:既に新しい彼女がいる

gettyimages (11666)

5つ目の彼氏側の本音は「既に新しい彼女がいる」ことです。
比較的、女性の方が恋の切り替えは早いと言われていますが、男性の中にも、女性と同じくらい恋の切り替えが早い人もいます。
もしかすると、あなたの彼氏がそうかもしれません。 そうだった場合は、喧嘩別れを素直に受け止め「よし、じゃあ次の恋人でも探すか!」と前向きに進んでいる可能性があります。そうなっていたのなら、既に新しい彼女を作ってラブラブに過ごしていても、不思議ではありません。 あなたのことをスッパリ見切りをつけたので、連絡をすることをする必要性を感じていないと言えます。
注意しなければならないことは、仮にあなたが声をかけてきた時、都合のいい女として扱われることがあるので、見極めが重要になります。 彼女としてやり直すのではなく、2番目の女として扱われるかもしれないことを頭に入れておきましょう。

脈がないなら次の恋へ進むべし!

喧嘩別れをした後でも、彼氏とよりを戻す人もいれば、戻せずにそのまま別れてしまうこともあります。
よりを戻せた人はいいのですが、戻せずに次の恋愛は進まなければならない時、どこで出会いを探せばいいのか分からないですよね。 そんな時、Pairsのマッチングアプリがおすすめです。
ここでは、真剣に恋愛をしたい男女が約1.000万人登録しており、毎月7.000組のカップルを誕生させている実績を持っています。アプリ内でメッセージのやり取りができるのも安心できるポイントです。 あなたが「いいな」と思った男性とのみ、アプリ内で連絡がとりあえるので、無理に気の合わない男性と連絡をする必要性はありません。もし、しつこかったり嫌がらせをしてくるのなら、24時間体制でサポートをしているので、連絡するといいでしょう。 彼氏とよりを戻せないことを受け止め、あなたも前に進まなければならないとなったとき、1つの提案として受け止めてくれれば幸いです。

まとめ

「喧嘩別れをしてしまった」とは言っても、別れたことに変わりはありません。
感情的になって「じゃあもういい!」と別れを口に出しそうなとき、ひと呼吸おくといいでしょう。 一方的でも言い合いになっていたとしても、一旦冷静になれるよう彼氏に提案すると喧嘩別れせずにすみます。
「ちょっとお互い落ち着こう、このままだと感情的になっていい結果になれないと思う、後悔したくない」と告げれば、彼氏も受け止めてくれるかもしれません。 最悪な展開にならないためにも、冷静になれるように、お互い心がけられるようにしていく、または順調なときに約束するといいでしょう。
]]>

-女性向け
-, , , , ,

Copyright© Emoot , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.