女性向け

喧嘩の頻度が高いカップルにチェックして欲しい項目4つ

投稿日:

あなたと恋人はちょっとしたことですぐ喧嘩になってしまう喧嘩頻度が高めのカップルですか?
喧嘩は悪いことではありませんが、頻度が高いのは良くないといえると思います。
なぜすぐ喧嘩になってしまうのかと悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は喧嘩頻度が高いカップルやすぐ喧嘩してしまうカップル、またそういったことに悩んでいる友達が身近にいるという方に喧嘩を減らすための“チェック項目”をお話いたします。

Lover Adult Bedroom · Free photo on Pixabay (4732)

チェックして欲しい項目その①:言いたいことだけ言ってませんか?

Silhouette Couple People Man · Free vector graphic on Pixabay (4734)

思ったことを言うのは悪いことではありません。
言わずに溜めて、我慢していると相手には伝わらない、自分で消化しないといけない・・・など別の問題が出てきます。
では、言いたいことを言えているとして、あなたは相手のことを考えて言葉を発していますか?
相手に合わせた言い方は考えなければならないのも事実です。
『そんなこといちいち考えてられない』『恋人なんだからそんな気遣いいらないでしょ』と思う方も覆いと思いますが、恋人でも友達でも家族でも誰か人と関わる以上、気を付けないといけないことです。
そしてその相手が恋人なら尚更気を付けないといけない相手だと思います。

恋人と言いたいことを言い合える関係は素敵なことです。
だからと言って“言うだけ”ではいけないということもお分かりいただけるかと思います。
恋人とはいえ1人の人です。
あなたとまるっきり同じ考え方をして生きてきたとは限りません。
『私ならきつい言い方されても傷つかない』『私は冷たい言い方をされてもイラッとしない』など、“私”を中心に考えても相手は傷つくかもしれませんし、イラッとさせてしまうかもしれません。
せっかく言いたいことを言うなら恋人がちゃんと受け止めやすい言葉で伝えてあげましょう。
それだけでも喧嘩やすれ違いなどは防ぐことが出来、喧嘩の頻度も減ると思いますよ。

チェックして欲しい項目その②:その時の感情で反撃していませんか?

Couple Love Boy And Girl · Free photo on Pixabay (4735)

恋人から言われた一言にイラッとして、その反動で言葉を返していませんか?
先程話した相手に合わせた言い方をしないと、恋人もあなたの一言や言い方でイラッとして喧嘩に発展し兼ねません。
瞬間的な感情や、反動的に出てきた言葉には棘があり、相手に不快な思いをさせます。
イラッとしていれば尚更です。
感情をコントロール出来ればいいですが、“冷静に”と思っていても上手くできないのが普通です。
まずはイラッとした瞬間に自分に対して『冷静に』といい、深呼吸しましょう。
毎日のイラッとした時にこれをするだけでトレーニングになりますよ。
カーッとなってしまわずに、自分の中で落ち着きを取り戻してください。

感情に流されて棘のある言葉で返しては簡単な話もこんがらがります。
相手の言葉にイラッとしても冷静でいられれば相手が嫌だなと思わないで済む、受け入れやすい言葉で「嫌だ」ということがいえます。
そうすればお互いにイライラがヒートアップせず、話合うことが出来ます。
まずはとにかく落ち着いて、言葉を選んで一発でわかってもらえる言葉で相手に言いましょう。

チェックして欲しい項目その③:相手に予測を立てていますか?

Thought Idea Innovation · Free photo on Pixabay (4737)

恋人の行動や言動など、その人ならではの「癖」や「パターン」というものがあります。
なんとなくわかる方もいれば、わからないという方もいると思います。
いわゆる相手の“特性”という感じです。
これを分かっているだけであなた自身がコントロールすることが出来ます。
とはいえ、直接的にあなたが恋人をコントロールするという意味ではありません。

恋人の「癖」や「パターン」などの特性が分かっていれば『予測』ができますよね。
“いつもの感じだとこういいそうだな~”とか“この感じだとこういう行動とるかな~”とかそういうのです。
それがわかっていれば「こうしたら、こうなるだろうから・・・こうした方がいいかな」と2つ先のことまで考えられます。
これは恋人をしっかり見ていればおのずとわかってきます。
なかなか会えない場合は連絡を少し取り合っていればなんとなくその人の生活パターンがわかってきますので、それを元に予測するのもいいと思います。
あることに次の行動・言動などをヒモ付けて、大体を把握しておけば大丈夫です。
それを逆手に考えてあなた自身が“どう言うか”や“どういう行動をとるか”を考えればいいのです。
予測を立てた上でおかしいと思うことがあれば、先程考えた言い方と今回の予測を組み合わせれば、ぶつからずに済み喧嘩の頻度も減らせるはずですよ。

チェックして欲しい項目その④:受け止める心はお持ちですか?

Smiley Emoticon Anger · Free photo on Pixabay (4733)

自分の考え方やプライドをしっかり持っているのは大事なことです。
恋人の意見や考え方が自分の考え方などと違うがために否定してしまったり、聞き入れることが出来なかったりという経験はありませんか?
恐らくそれは『受け止める』ということが上手にできていないからではないかと考えられます。
もちろんそれがおかしいといいたい訳ではありません。
世の中には色々な人がいてその人によって色々な考え方も存在しているということです。
それは恋人でも同じ事で、必ずしもあなたと同じ考え方をしているとは限りません。
あなた自身の考え方も1つの考え方であり、恋人の考え方も一つの考え方だということです。
あからさまに違うといえる考え方だった場合は、先程お話した相手に合わせた言葉・言動で伝えてあげてください。

もしかしたらあなたの考え方に対して恋人に否定されることもあるかもしれません。
このときに否定されたことに反抗してしまうと喧嘩になります。
ここで『受け止める心』が必要になります。
相手の意見・考え方もたくさんあるうちの一つですので、一旦受け止めて“なるほど”と気持ちを落ち着けましょう。
もしすぐに受け止められない場合はなぜそういう考えになったのかを説明してもらいましょう。
説明してもらえば相手の考え方がわかってきます。
その上であなたの考え方も落ち着いて話してあげてください。
お互いに考え方や意見に対して「理解」や「納得」が出来ていないまま感情的になってしまうことで喧嘩になるのです。
まずは一旦恋人の主張をきいてあげられる余裕を持つことを意識してみてください。

まとめ

今回は喧嘩を減らすためのチェック項目をお話しさせていただきました。
恋人に限らず友達に対しても当てはまると思います。
簡単なことではありませんがあなたに今回の内容が少しでも参考になり、恋人に対して実践してもらえれば相手にも伝わるはずです。
あなた自身のことも考えつつ、恋人と仲良く過ごせるように4つの項目をチェックして、まずは喧嘩の頻度を減らしてみてはいかがでしょうか。
前向きに頑張ってみてくださいね。

-女性向け
-, ,

Copyright© Emoot , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.