女性向け

後悔する恋愛ばっかりしてしまっていない?後悔が残ってしまう女性の特徴5つ

投稿日:

後悔しやすい恋愛の人としにくい人と分かれています。貴女はどっち側なのか、是非チェックも兼ねて最後まで目を通してみて下さい!

後悔するなら次の恋愛を成功させるヒントにしよう!

過去の恋愛において『なんでもっとこうしなかったんだろう』『なんで1人の人と続かないんだろう』と、頭を悩ませることはありませんか?後悔する恋愛があって、そのままでは勿体無いです。

その後悔を次の相手と成功するためにどこを気をつければいいのか、復習しましょう!これから5つの特徴を書いていきますが、当てはまっている所があるなら少し見直してみると、次の相手との恋愛は今までより続くかもしれませんよ!

後悔が残ってしまう女性の特徴①:感情のコントロールが出来ない

gettyimages (8103)

後悔が残ってしまう女性の特徴1つ目は『感情のコントロールが出来ない』ことです。不機嫌なら不機嫌をむき出しにし、わめき散らすような感じにした経験ありませんか?子供みたいに全部をぶちまけてしまっていては、男性はドン引きです。

機嫌がいいと思ったら急に不機嫌になったり、今言わなくていい事を言ってしまったりしてしまうと、後々自己嫌悪に陥ってしまい、自分も相手も傷付けてしまいます。そこまでされて支えたいと強く思ってくれる男性ならいいのですが、大概は逃げ出すでしょう。

そして貴女は『なんでもっと…』と後悔したのではありませんか?感情のコントロールは確かに簡単なことではありませんが、もう少しその場の雰囲気を感じてみるといいでしょう。

後悔が残ってしまう女性の特徴②:恋愛が全て

gettyimages (8105)

後悔が残ってしまう女性の特徴2つ目は『恋愛が全て』と考えてはいませんか?例えば、彼氏が出来て、全てにおいて彼氏優先になってしまった事があるのなら、それは重すぎます。友達と遊ぶ約束をしても、彼氏から声がかかればドタキャンをし、彼氏のワガママなら何でも言う事を聞いたりするのは違います。

重すぎると別れを言われたり、都合のいいように使われて捨てられたことがあるなら、その考えを正さなければいけません。恋愛は確かに素晴らしいのですが、先約があるならそこを優先すべきです。緊急の時は別でうが。

何でも許すとなると、貴女の事を彼氏は彼女ではなくお母さん、家政婦としてしか見てくれなくなります。そして『お前は自分の意見とかないのか?』と言われた事があるのなら、更に注意が必要です。

恋愛は全てを許す、優先するのではありません。叱る優しさ、厳しくする愛というのも必要なのです。

後悔が残ってしまう女性の特徴③:自分の気持ち優先

gettyimages (8106)

後悔が残ってしまう女性の特徴3つ目は『自分の気持ちを優先』することです。自分の価値観や気持ちが彼氏も同じとは限りません。彼氏にも自分なりの価値観や気持ちがあります。それを完全無視して、自分の言いたい放題、やりたい放題したことはありませんか?

カップルではありますが、所詮は他人なのです。全く違う人間です。血が繋がっている家族ですら、全員同じ気持ちや価値観とは限りませんよね?それなのに育った環境が違う彼氏が同じなわけがありません。

物事を進める時や話し合いなど、自分の気持ちを優先したワガママ女になっているのなら、ちゃんと相手の気持ちも尊重し、意見に耳を傾けるよう心がけるといいでしょう。

後悔が残ってしまう女性の特徴④:察してちゃん

gettyimages (8108)

後悔が残ってしまう女性の特徴4つ目は『察してちゃん』になっていることです。『言わなくても彼氏なら私が言いたいこと分かってよ!』となっているのなら、それは長続きしません。自分の気持ちを優先する女性も後悔が多いのですが、自分の気持ちを言わずに、察してもらいたがりの女性は、高確率で別れます。

察してほしいと思うのは女性特有の気持ちではありますが、ハッキリ言って男性はそこまで気が周りませんし、言ってくれなきゃ分かってくれません。なのでロマンチックな展開を期待し過ぎていると、結構痛い目にあったりするものです。

自分の気持ちばっかりになるのもダメですが、言わなさ過ぎなのもよくありません。自分が不安や不満を抱えてる時は『ちょっと今話せる?』と彼氏に話を聞いてもらいましょう。そこで『あぁしてよ!』『こうしてよ!』となるのではなく『こうしてくれると嬉しいな』と柔らかく言うと、彼氏も嫌な気持ちにはなりにくいです。

後悔が残ってしまう女性の特徴⑤:嫉妬心と束縛の塊

gettyimages (8110)

後悔が残ってしまう女性の特徴5つ目は『嫉妬心や束縛の塊』であることです。今までの彼氏に束縛し過ぎたり嫉妬心むき出しだったことはありませんか?ある程度の嫉妬や束縛は長続きしているカップルにもあるのですが、それにも限度があります。

その限度を越えると『俺って信頼されてない』『もう嫌だ、逃げたい』と感じて別れを告げてくるのです。嫉妬心や過度な束縛をするというのは、自分に自信がないから、過去に浮気されたりというトラウマから来ていることが多いのです。

自分に自信がなくても、貴女と付き合っている彼氏は貴女が好きで付き合っているので、そこの気持ちを無視するのはとても失礼ですし、彼氏を傷付けていることに気付いて下さい。その自信のなさで束縛や嫉妬心をぶつけるのは、あまりにも可哀想です。

過去のトラウマがある人は、過去にこんなことがあったとカミングアウトをしましょう。そして自分でどうしようもないのなら、カウンセリングをおすすめします。過去は過去。今の彼氏とは違うのです。頭では分かっていても心では追いついてこれないのなら、本気でカウンセリングを検討して下さい。

後悔が残ってしまう女性の特徴:まとめ

過去の恋愛で全く後悔していない!という女性はそこまで多くはないのですが、その過去の経験から次の彼氏とは成功させたい!という思いが強く、自分で気付いてるところや、友達に指摘されたこと、元彼に指摘されたところを直す努力をしています。

後悔していることにくよくよせず、その原因が何なのか、どこを直すべきなのかが分かればゆっくり直していけますよね。そんなお手伝いが少しでも出来たのなら幸いです!

-女性向け
-, , , ,

Copyright© Emoot , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.