男性向け

彼女のメイクに物申す!彼女にメイクを変えてもらう為の5つのポイント

投稿日:

女性のメイクはファッションと同じでそれぞれの好みや個性、こだわりが出ますよね。
王道のナチュラルメイクやギャル系の派手なメイク、なかにはすっぴん派だって存在します。
最近では二重メイクやまつエク、カラコンなど部分的なポイントメイクも進化しており、ますます複雑になっていますよね。
しかし、もしも彼女のメイクが自分好みじゃなかったら…。
今回はなかなか伝えにくい、彼女にメイクを変えてもらう為の5つのポイントを紹介していきます。

彼女にメイクを変えてもらう為のポイント①どういうメイクにして欲しいのかを具体化する

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (1978)

「もっと清楚系なメイクがいい」や「なんか似合ってない気がする」などの抽象的な表現では、なって欲しいイメージが彼女に伝わりません。
今のメイクではどこが気に入らないのか、どうなって欲しいのかを具体的にして改善して欲しい部分を挙げてみましょう。

例えば「バサバサなつけまつげが苦手」「チークがやりすぎな気がする」「顔と首の色が違う…。」など、自分が彼女のメイクのどの部分に違和感を感じているのかを考えてください。
とはいえ、ファンデーション?アイブロウ?アイライナーって?そもそもメイク道具や使い方が分からないという方は、まずは基本的な名前や用途を調べることから始めてみるのもいいですね。

彼女にメイクを変えてもらう為のポイント②彼女のメイクのこだわりは尊重する

Concept Man Papers · Free photo on Pixabay (1982)

彼女が守りたい最低限のこだわりポイントを把握して、彼女の意思を尊重してあげることも大切です。
「もっとこうだったらいいのに」と思う気持ちはあるかと思いますが、そのすべてを押し付けてしまうのは彼女にとっても失礼になってしまいます。

ファッションやヘアスタイルと一緒で、メイクも自分の好みやなりたい姿を表現する手立てのひとつです。
彼女側で努力して変えられる部分があったとしても、反対にここだけは妥協できないという部分もあるかと思います。
彼女を自分の思い通りにしてやろう!ではなく、あくまでこうしてくれたら嬉しいな程度で考えながら、彼女が自分の要求に対してどこまで応えてくれるかを重視できるといいですね。

彼女にメイクを変えてもらう為のポイント③伝えるタイミングとシチュエーションに注意する

Men Women Apparel · Free photo on Pixabay (1990)

メイクの話題を出すタイミングやシチュエーションには注意しましょう。
容姿に関わる話題なので、大勢の前やお酒の席、ケンカの最中にうっかり口走ることの無いよう、2人きりでいる時やリラックスしている時の方がいいかもしれません。

例えば、記念日や誕生日にプレゼントを買う名目で一緒に化粧品を選んでみるのもいい機会になるでしょう。
デパートや美容部員のいるお店に行けば、プロから直接メイクの方法や似合う化粧品を聞くことができるので、彼女がメイクに対して視野を広げられるチャンスになります。
彼女の口から「この色どうかな?」なんて発言が出た時は積極的に発言してあげたいですね。

また、一緒にテレビを見ている時に、女優やモデルのメイクを例えにすると話題に出しやすいと思います。
いきなりメイクの話題を振るのではなく、会話の流れや場面の中で自然とメイクの話に仕向けられるといいかもしれません。

彼女にメイクを変えてもらう為のポイント④否定的な伝え方をしない

Heartsickness Lover'S Grief · Free photo on Pixabay (1984)

いざ彼女にメイクのことを話してみようとした場合、「似合ってない」「これはやめた方がいい」などといった否定的な表現は避けましょう。
女性がメイクをする背景には、美容に興味があるから、なりたい姿があるから、すっぴんが恥ずかしいからなど様々な理由があります。
なので、せっかく時間と手間とお金をかけてメイクをしているのに、さらりと一蹴されてはカチンと来てしまいますよね。
「こういうのも似合いそうだよ。」「買ってあげるから使ってみてよ!」といった提案する形の方が、角も立たず円満に伝えられると思います。

彼女にメイクを変えてもらう為のポイント⑤メイクが変わったら彼女を素直に褒める

gettyimages (1987)

彼女がメイクを変えてくれた日は、素直に「かわいいね!」「似合ってるよ!」と褒めてあげましょう。
自分のメイクにこだわりやプライドを持っている彼女や化粧が苦手な彼女でも、大好きな彼氏に喜んでもらえることは嬉しいはずです。
彼女に「これでよかったんだ。」「これはこれでありなんだな。」と肯定的に捉えてもらえるように褒めてくださいね。

まとめ

メイクに関わらず、カップル間では「相手がもっとこんな格好だったらいいのに…。」という思う人も少なくありません。
特に、女性の方が見た目に関して敏感なところがあるので、男性からの指摘はちょっと勇気が必要そうですね。

しかし、いつまでもきれいでいたい、いつまでも彼氏に好きでいて欲しいという願望は誰しも共通する気持ちだと思います。
彼氏が喜んでくれるなら頑張ってみようと思う女性も多いかと思うので、一方的にすべてを否定するのではなく、相手の気持ちも尊重しながら自分の要望を上手に伝えられるといいですね。

-男性向け
-,

Copyright© Emoot , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.