7つの好きの意味その①:好きを正確に表現するのは難しい

まず好きを正確に表現することは難しいということを覚えておきましょう。

好きというのは感情です。
感情というのは自然な現象で、自分で故意的に感じるものではないですよね。
だからこそ人は「好き」ということがわからなくなることがあるのです。

とくに失恋したてで恋愛に後ろ向きになってしまっているときなど、自分の好きが行方不明になります。
また初恋がまだな人も、どんな感情が好きということなのか経験がないとわからないですよね。

正確な好きを表現することは難しいですが、好きだからこそとってしまう感情や行動を説明することはできます。

7つの好きの意味その②:大切にしたい

人は何かを好きになるとそれを大切にしたいと思うようになります。
例えば趣味で買った物やお気に入りの洋服など、大切にしたくなり慎重に取り扱うようになりますよね。
このとき人は自分のことではなく、その好きな物のことを優先に考えていると思います。

これは恋愛もまったく一緒で、人を好きになるとその人を大切にしたくなります。
なので恋愛の自覚がなくても、親しい女性で傷つけたくない大事にしたいと思っている方いたら、恋をしている可能性がありますよ。

自己中心的なものではなく、相手に幸せになってもらいたいから大事にするという考え方は、好きだけでなく「愛」を感じます。

7つの好きの意味その③:相手を知りたくなる

相手のことを知りたくなるということは、その人に対して自分が興味を持っている証拠です。
どうでも良い人だったら、相手の中身を深く知りたくなることはありません。

興味を持つにもいろいろな意味合いがあります。
例えば変わった印象を受けたとか自分と似たような趣味があるかもなど、ちょっとしたきっかけで人に興味を持つ場合があります。

好きという感情は最低限相手に興味があるからこそ湧いてくるものなので、興味のある女性というのはもしかしたら異性として惹かれている可能性だって十分に有り得るのです。

7つの好きの意味その④:自分のことを知ってほしい

また上記とは逆で、自分のことを知ってほしいと思ってしまう場合も好きと同じ意味である可能性があります。
自分のことを知ってほしいということは、相手の女性に自分という人間を理解してほしいと思っていることの表れです。

恋愛は1人でするものではなく2人でするものです。
つまり相手に自分を知ってほしいと思いアピールすることは、両思いになりたい人がとる行動なんです。
さほど恋愛感情がない相手であれば、必要以上に相手に自分の存在を知ってもらいたくはならないですよね。

友達であれば自然とそういうことは知り合っていくものなので、わざわざアピールはしません。
自分の存在をアピールしたくなるような女性がいれば、それは「好き」と同じことだと筆者は思います。

7つの好きの意味その⑤:相手のことばかり考えてしまう

人間というのはそのとき心に強く思っていることをついつい日常的に考えてしまいます。
例えば仕事で不安なことがあれば仕事のことを、クリスマスなどの楽しんイベントが近くなればそのイベントのことを無意識のうちに思い出しますよね。

好きになるということは、その女性を強く思っているということです。
なのでテレビを見ていても今自分と一緒のテレビ見ているのかなっなど、ついついその女性に関連付けて考えてしまうのです。

特定の女性のことをよく考えてしまうことが多いということは、それは無意識のうちにその女性に恋をしていることと一緒だといえます。

7つの好きの意味その⑥:毎日会いたくなる

好きは好きでも友達としてなのか恋愛としてなのか判別できないという人もいると思います。
そこで恋愛という意味合いでの好きと関連付けられる思考としてわかりやすいのが「毎日会いたくなる」というものです。

友達であれば久しぶりに会いたいなっと思うことはあっても、毎日顔が見たくなるなんてことあまりありませんよね。
でも恋愛という意味で人は異性を好きになると、会えない日はその人のことが気になってしまい会いたくなるのです。

例えば毎日のように仕事で会っている人で、長期休みに入り会えなくなると寂しくなるような女性がいるようなら、それはその女性を好きであることと同じ意味合いかもしれませんね。

7つの好きの意味その⑦:不安になるときがある

7つの好きの意味その⑦:不安になるときがある

どうでもいい人に対して執着することはないですよね。
自分にとってすごく意味のある人であると、誰かに取られたりしないか人は不安になるものです。

これは友達同士でも起こり得ることなのですが、いわゆる嫉妬してしまうということですね。
嫉妬は不安からくるものです。
もし仲の良い女性に彼氏ができてしまったら……っと想像してみましょう。

素直に応援できるようであれば友達のとしての関係のままですが、嫉妬してしまうようであればその不安は好きからくるものかもしれません。
その嫉妬の理由が仲の良い女性に彼氏ができることに対して不安になっている場合はとくに要注意ですね。

まとめ

よくキュンとしたという表現方法がありますが、好きという言葉の意味を全て理解するのはとても大変なことです。
ですが人が恋をしてる時にしている行動や思考に当てはめていけば、自分が恋愛をしているのかわかってくると思います。

恋がよくわからないという方は、ぜひ当記事を参考に自分の気持ちを確かめてみてください。
この記事を読んで特定の女性が思い浮かんだという男性は、すでに恋に落ちているかもしれませんよ。

以上恋を知りたい男性のために「7つの好きの意味」を紹介させていただきました。

読んでいただきありがとうございました。
真面目な恋愛をするならpairsもおすすめ

pairs 累計登録者数700万人以上というユーザ数が圧倒的に多い有名マッチングアプリです。


pairs の魅力は出会い系の悪い印象を全く感じさせないとてもクリーンなサービスである点です。


pairs ではこれまで、少なくとも12万人以上のカップルが誕生しており、真面目なお付き合いも検討しているかたにはとてもおすすめできるアプリです。


女性は完全無料・男性も基本機能は無料で使えるため、気軽に始められる点も魅力の一つです。



    pairs の特徴
  1. 累計登録者700万人以上の圧倒的会員数
  2. 真面目なお付き合いを求めている人が多い
  3. 女性は無料・男性も無料から始められる



関連する記事

関連するキーワード

著者